営業マンの自己啓発の具体例


スポンサードリンク

営業マンが上司に好かれる自己啓発目標を書くために

営業マンが上司に好かれる自己啓発目標を書くためには、上司が望んでいるを知っている必要があります。

業務の改善のために必要な自己啓発目標を書くのですが、「部下の目線」「現場の目線」から見て本当に必要な自己啓発目標を書くよりも、上司の目線から見て必要だと思われる自己啓発目標を書いたほうが当然好かれます。

普段からダメ出しや要望をよく聞いておいて、上司が何を望んでいるかを考えておくと良いですよ。

ダメ出しや要望を伝えてくれない上司の場合は、「一般的に上司に高く評価されやすい自己啓発の例」を参考にすると良いでしょう。

◆上司に好かれる自己啓発計画書の書き方◆

自己啓発計画書の書き方で、一番大切なのは、自己啓発計画書の目的をよく理解しておくことです。

「具体的な目標」と「その目標が最適である理由の説明」をセットで書くと目標について納得してもらえます。

「目標を具体的に達成する計画」と「計画が合理的である理由」をセットで書くと計画的に自己啓発して目標を達成するだろうと期待してもらえます。

そして、何より大事なのは、上司が簡単に目標の達成を判断でき、その価値を納得できる「目標の達成の客観的指標」を提示することです。

営業マンの場合には「自社商品に関する専門知識の習得」「営業マン向けセミナーへの参加」などがいいですね。

時間をかけないと達成できない自己啓発目標を設定するときには、中間地点として最適な客観的指標を自分で用意するようにしましょうね!

書くべきことを理解したら、あとは、順番に1つずつ書いていくだけです。

営業マンの自己啓発の具体例

英語・中国語などの外国語の習得

日本では語学能力が高い営業マンは珍しいので、外国人に対して営業ができる営業マンが高く評価されやすいです。中国語や英語の習得が特におすすめです。

筋肉トレーニングによるダイエット

異性の見込み客が多い場合は、健康的な見た目が重要です。健康食品などを売っている営業マンも見た目をよくすることで売りやすくなります。自身も鍛えている、体育会系の上司が求める傾向にあります。)

過酷な業務に耐える精神力を身に付けるため、という理由付けも有効です。特に、健康系の商材を売っている営業マンには見た目の健康は重要ですね。

アナウンススクール

営業マンを中心に、口頭や電話ではきはき話すことが業績アップにつながる人に求められる内容です。話が聞き取りにくい営業マンは不快感を与えて成約率が下がるので注意が必要です。話が聞き取りにくいせいでセールストークが通用しないことも多いです。

マナー研修

マナーにうるさい顧客が多い営業マンに求められることが多い自己啓発の例です。「育ちが悪い」とか「マナーが悪い」と言われたことのある人はぜひ一度受けてみましょう。

パソコン教室

年配の方の他に、以外のパソコンを使えない新卒の方々にも求められる自己啓発の例です。パソコンを使えないと営業しづらい商品が増えているので、パソコンの習得はおすすめです。

プログラミングスクール

営業や企画担当の人にも、プログラミングの知識を持ってもらうことで技術部との連携をスムーズさせるために自己啓発の目標例として設定されることが多いです。

リスキリングで最も人気のスキルなので営業マンとして限界を感じている人にもおすすめです。

◆営業マンの自己啓発計画書の例文1◆

「元世界一の営業マンの○○セミナー」に参加してきます。

同じ業界で世界的に成功した営業マンの技術を盗んで少しでも営業成績を上げられるように頑張ります。

◆営業マンの自己啓発計画書の例文2◆

健康診断の結果を受けて、業務に支障が出ないように、筋肉トレーニングによって健康を改善します。

同時に食事の改善も行って、健康を維持することで、病欠や遅刻も減らしていきます。

自己啓発目標が達成できたかどうかは、次回の健康診断の結果で判断していただきたいです。

◆営業マンの自己啓発計画書の例文3◆

事業のグローバル化に対応するために英語力を身につけたいと思います。

具体的にはTOEICでのスコアを半年かけて600点から700点にアップさせます。

その結果、海外の情報を直接仕入れることができるようになり、外資系企業に対する営業の際の説得力が増すことで売上アップにつながると思います。