『自己啓発と目標設定・達成の優れた方法と「よい例」』のサイトトップへ
 >  『4.決断で人生を変える自己啓発』カテゴリー記事一覧へ
 >   >  自己啓発の目標例(20代は賢いお金の使い方で30代は…)

スポンサードリンク

自己啓発の目標例(20代は賢いお金の使い方で30代は…)

自己啓発例の中でも、目標は賢いお金の使い方で自己投資と貯金をすることという例を紹介します。具体例だと、直接参考にならない部分も出てくると思いますが、自分の場合に当てはめて考えてください。「自分はこんなことには興味ない」と思ったら、自分は興味あるけど他の人はあまり興味ないことに置き換えて考えれば、自己啓発例から多くのことを学べるはずです。

●お金を自己啓発の目的にしない例。
お金は人生において重要なことですが、お金をとりあえず人生の目的にしないほうがよい。お金は金額ではなく効果で考えるとよい。自己啓発して年収や手取りを増やすのは、目的のためのひとつの目標と考える。とりあえず稼ぐお金という目標は達成しにくいうえに達成しても意味はない。そうなるためには、賢いお金の使い方の具体例を知ることが大切です。

お金を稼ぐことを目標の一つにするならば、その意味をよく考えるとよい。自己啓発により考え方や感情をコントロールできるようになり、健康な肉体を維持した上でより充実した人生を生きるためにお金を使うとよい。為替や銀行の仕組みをよく理解して今のお金は一時的な特殊な仕組みで限定的な機能で社会を多様に動かせるものであると客観視できるようになるとよい。賢いお金の使い方の具体例を知らないと、お金に振り回される人生を送ることになってしまいます。

自己啓発によりお金に対する思い込みや感情を解き放ち冷静に理性をもって分析しよう。そうすれば、賢いお金の使い方が身につきます。優れたお金の使い道を知ることが大切ですね。お金の使い道を知らないと無駄なことに使ってしまいます。貯金をするのも悪くはありませんが、もっと優れたお金の使い道を知っていれば、貯金をするより安定した人生を送れますね。

●お金と友情。親友と借金。
お金儲けは合理的にお金が最大化することを考えればよいので比較的楽です。それに比べて賢いお金の使い方は難しい。友情などの人間関係が深くかかわってきます。親友や友人にお金を貸してほしいと頼まれたときは相手の状況を徹底的に調査する必要があります。相手のお金の使い方が正常かどうかを判断しましょう。元阪神の金本選手のように、「仕事をするためにお金が必要なんだ」と親友に言われたら、そこは真に受けずに、悩みを聞いてあげるようにしましょう。

お金の使い方が異常になってしまうと、親友の状況はお金があればあるほど深刻になっていきます。あなたが貸したお金が親友を苦しめることに
なるのです。元阪神の金本選手の親友は実刑判決を受けて刑務所に行く可能性が高いです。ただ、お金を借りる正当な理由と確実な返済プランが親友から示されれば借用書を作って貸すとよいでしょう。親友の手書きで十分効力がありますし、借用書がお互いの信頼関係を作ってくれます。言いづらいことをいうコミュニケーション力を身につけることは自己啓発の重要なテーマです。

親友が異常なお金の使い方をしていると知ったときはその裏にある心の悩みの相談に乗りましょう。賢いお金の使い方の具体例を両親などから魅せつけられた子供は賢いお金の使い方を自然と身につけます。お金の使い方が異常になるのは自己啓発の知識で解決できる心の重大な問題ゆえです。詳細は感情コントロールに関する自己啓発セミナー無料ブログを参考にしてください。心の悩みを解決する自己啓発例もこのブログでたくさん紹介しているので参考にしてください。

●20代お金は自己投資に(貯金に逃げない賢いお金の使い方を)
20代のときは酒タバコ車などにお金を使って大きな負債を抱えないようにする。自己投資できるものがなければ貯金をしておく。自己啓発セミナーやプログラムや書籍やCDで勉強しているうちにお金の知識をつけて自己投資にふさわしい分野を見つけられるようになればよい。自己啓発例を見ていけばわかるように、自己啓発というのは自己投資とほぼ同じ意味を持ちます。賢いお金の使い方の具体例を分析するとわかるのは、賢いお金の使い方を知るまでは貯金しておく事が一番だということです。

お金を自己投資に使う知識が高まったときに貯金がたくさんあれば一気に自己啓発できる。貯金したお金は銀行が使うことになる。間接的に米国債買うことになる可能性も高い。貯金先によってお金の使い方は違うので、社会的にもっともよい使い方をしてくれるところに貯金しよう。自己啓発をするときは、「自己」という部分から「自分」のことばかり考えてしまいがちですが、自己啓発に成功することは社会との関わり方に成功することにほかなりません。

自然栽培の玄米・野菜や直送の鮮魚や天然菌を使った発酵食品で健康な身体と健全な味覚を手に入れるのもよい自己投資の方法だ。20代のうちに成人歯列矯正をしておいたり、PMTCと歯磨きの習慣をつけて一生自分の歯で食事ができるようにする自己啓発もある。コミュニケーションスキル、記憶術、集中力アップ、パソコンスキル、英語、ユーモアのセンス、賢いお金の使い方など自分の人生に最も大きな成功をもたらしそうな自己啓発をするためにお金を自己投資するのもよい。

何に自己投資をするかは人生の目的を決定するのにも役立つ。自己啓発に役立つサービスもたくさん紹介していますが、できるだけ多くのサービスに目を通して良い物を選んでください。ですが、いつまでも自己啓発プログラムを選んでいては、実践せずに人生が終わってしまいます。実際に自己啓発プログラムを活用して自分にとって最も役立つ自己啓発の実例集を自分の経験として頭の中に蓄積して行きましょう。

●お金の使い方基本は20代で身に付けろ
自分にふさわしいものだけを買う。自分にふさわしいものとは、100%その価値を使えるものである。「限定品だから」という理由だけで買うのは厳禁。
欲求不満をすぐに何でも解決することをお金が余っていても行わない。いつでもお金と解決できる欲求不満と向き合い、その意味を考えて、自己啓発で新しい人生の境地を見つける。20代で身につけたお金の使い方は、その後の人生に大きな影響を与えます。20代のうちに正しいお金の使い方を身につけましょう。もう30代以上になってしまった方は、20代の頃に身につけたお金の使い方を意識して、今のお金の使い方を変えて行きましょう。

自己啓発と社会起業を重視する。
自己投資、自分の社会をよくする投資を重点的に行う。社会を良くするための社会貢献中心の起業をする人が増えてきています。不正をしないでお金を稼ぐビジネスは全て社会貢献しているので、慈善事業に偏る必要はありません。誰かのためになるビジネスを副業でもいいのではじめましょう。会社で頑張るのももちろん大切です。良い会社が社会に与える栄光はとても大きいですから。

●お金儲けを汚いと考える人は汚い。
お金儲けに反感を持つ日本人は多い。汚いお金儲けをする人の犠牲になった人が多い。汚いお金儲けをする人に養った人もこういう考え方をする。楽しく希望をもってお金儲けの話をたくさんできる人は非常に心がきれいである。お金儲けでひどい思いをしてきた人の心が理解できないほどに。お金持ちより貧乏人のほうが悪いことをする。誰でも悪いことはするが、貧乏人の悪いことのほうが悪質である。お金持ちの悪いことは悪質でなくても影響が大きい。賢いお金の使い方をデキる人は貧乏にはならないので、安心です。

社会貢献や自己啓発のための自己投資にお金を使えるし、お金儲けも社会起業要素が強いものになる。自己啓発をするときはお金儲けに対する偏見を持たないようにするとよい。自己啓発と自己投資と社会起業がかかわるお金儲けは非常に良いものである。お金儲けに以上に嫌悪感を示し人のほうが汚いのだ。彼らを救う社会起業も価値はある。自己啓発と自己投資を十分に行って余裕ができたら、挑戦してみよう。

●賢いお金の使い方の具体例。
自分の細胞構成を本質的に改善し、日本の国益にもつながる自然栽培の野菜を提供したい。インターネットでの効率的な情報発信を支援するために
高品質な情報商材の購入し続けて、本当に良い物だけを紹介していきたい。

本と情報商材は今すぐノウハウを学び、確実に実行できる場合だけ購入する。食事は今すぐ食べる分だけ買う。空腹は満腹にならなくてもかなり満たされることを覚えておく。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

『自己啓発と目標設定・達成の優れた方法と「よい例」』関連エントリー

◆よりよい道を知るコツ 自分の人生を良い方向に変えていくためには、今までとは異なる「特定の」行動が必要です。その特定の行動の正体は過去の事例を参考にすることで予測できます。成功事例・失敗事例の両方から...
◆正しい決断をする方法 決断力を身につけて安定的に正しい決断をできるようになりましょう。 適当にやってうまくいく人もいますが、それはただのまぐれです。 たった一回きりのあなたの人生をうまく行かせるには...
◆目標達成や自己啓発に成功した事例のパターン分析の前に 成功の定義は様々ですが、様々な事例を分析すると、 ・自分で自分に満足して「幸福感」を感じる ・社会から高い評価を受けて「優越感」を感じる ・自分...
自己啓発例の中でも、目標は賢いお金の使い方で自己投資と貯金をすることという例を紹介します。具体例だと、直接参考にならない部分も出てくると思いますが、自分の場合に当てはめて考えてください。「自分はこんな...
●自己啓発セミナーで人生の価値観を科学的に決める。 人生の目的は、人生の価値観のようなものです。 すでに染みついている価値観のほかに科学的な 世界観を知る必要があります。 科学的な世界観は最も普遍的で...
●なぜ自己啓発ベストセラー本を読んでも幸せになることはないのか? どの自己啓発ベストセラー本も人生を変えるために必要な 重要なプロセスの一部が抜けているからです。 また、書籍だと誰にでもわかるように詳...
●意味ある自己啓発のための脱洗脳。 そして、世界の実態をよく見て、どのように自己啓発して、 何を人生の目的にするかを考えるのです。 洗脳によって偽の事実を教えられ、事実に対する 意味付けもコントロール...
●自己啓発目標は、他人に…● 今回は、『自己啓発目標は、他人に…』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ 自己啓発の目標を自分の中で確固たるものにしよう。 そうしないと、とても...
●自己啓発の意味● 今回は、『自己啓発の意味』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ 自己啓発の意味について述べたいと思う。 今回は、単語の意味を定義するという観点から 自己啓...
●自己啓発目標【警告!間違いだらけの自己啓発目標選び。】● 今回は、『自己啓発目標【警告!間違いだらけの自己啓発目標選び。】』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ 自己啓発を...
『自己啓発の目標例(20代は賢いお金の使い方で30代は…)』関連エントリー記事

◆よりよい道を知るコツ
自分の人生を良い方向に変えていくためには、今までとは異なる「特定の」行動が必要です。その特定の行動の正体は過去の事例を参考にすることで予測できます。成功事例・失敗事例の両方から学んで、やるべきこととやらないほうがよいことの両方を予測しましょう。

「失敗から学ぶことも多い」のは重要な事実ですが、事例をしっかり調べておけば防げる失敗をするのは時間の無駄です。あなたの人生をよくするための「特定の」行動を知るには、その特定の行動のレベルに応じた知識と経験が必要になります。十分ではなくても、少しでも多くの知識や経験があったほうが確実に良い道を予測できます。

◆適切な決断をする方法
決断力を身につけて安定的に正しい決断をできるようになりましょう。適当にやってうまくいく人もいますが、それはただのまぐれです。まぐれの事例に従って行動すると失敗する可能性が高いです。たった一回きりのあなたの人生をうまく行かせるには、適切な決断をすばやく繰り返すことが必要になります。適切な決断をすれば必ず結果が出ます。良い結果ばかりではないにしても、行動する前の情報不足の状態で適切な決断をしていれば、悪い結果からも次回に向けて必要な情報を得られます。

成功であれ、失敗であれ、決断がもたらした結果を「より多くより正確に」知ると成功がどんどん近づいてきます。この情報の蓄積によって、どういう決断が良い結果につなぐかを予測できるようになるのです。よほど記憶力がよくないと、記憶に頼ってなんとなくやるとあまりうまくいきません。ついつい同じような間違った決断を繰り返してしまったり、いろいろな決断をランダムに繰り返すだけになったりしてしまうからです。

決断は多くの人にとって大変なもので、心への負担も大きいです。決断を避けて占い師などの他人の決定に従うことを良しとする人も多いです。「人生は運で決まる」と思っているほど自分で決断すること決断を軽視しています。しかし、呪術的思考からすこしずつ抜けだしてきた現在の人類にとっては、過去には運として片付けられたことも戦略的な決断で手に入れる方法が大量に発見されています。多くの成功事例・失敗事例をみれば、あなたもこの意味がわかります。

多くの事例から学ぶことでより適切な決断ができるようになります。その方法を応用すれば、新しいことに対しても決断力を持てます。新しいことも所詮は、過去に起きた物事の要素を組み合わせたものとして理解できます。過去の事例から将来の成功のために必要な課題を見出して、自己啓発によってそのスキルをみにつければ成功確率が上がります。

決断は「何かをする」ときでなく「何かをやめる」時も大切です。そもそも「何かをする」ということは、「他のことをしない」ということになります。「結果として他のことをしない」のが理想ですが、定着した習慣や依存している行為をやめるためには、「その特定の行為を辞めるためだけの」特別な対策が必要です。

◆正しい決断をする方法
決断力を身につけて安定的に正しい決断をできるようになりましょう。
適当にやってうまくいく人もいますが、それはただのまぐれです。
たった一回きりのあなたの人生をうまく行かせるには、
適切な決断を繰り返すことが必要になります。

決断がもたらした結果を「より多くより正確に」知ると良いです。
そうすることで、どういう決断が良い結果につなぐかを予測できるようになります。
記憶に頼ってなんとなくやるとあまりうまくいきません。
同じような間違った決断を繰り返してしまうのです。

決断は多くの人にとって大変なものです。
決断を避けて占い師などの他人の決定に従うことを喜ぶ人も多いです。
「人生は運で決まる」と思っているほど決断を軽視しています。
しかし、現在では過去には運として片付けられたことも戦略的な
決断で手に入れる方法が大量に確保されています。

その方法について学ぶことで正しい決断ができるようになります。
その方法を応用すれば、未知のことに対しても決断力を持てます。

決断は「何かをする」ときでなく「何かをやめる」時も大切です。
そもそも「何かをする」ということは、「他のことをしない」と
いうことになりますが、「結果として他のことをしない」という
のは別の話です。

自己啓発や人生の成功を邪魔する意外な行動に気づいてやめる、
と決断するのは決断力だけでなんとかできます。
ただ、アルコール依存症やニコチン依存症やパチンコ依存症などは、
辞めると決断しても優れた方法を知らないとやめることはできません。


 >   >  『自己啓発の目標例(20代は賢いお金の使い方で30代は…)』のページ上部へ↑
 >  『4.決断で人生を変える自己啓発』カテゴリー記事一覧へ
『自己啓発と目標設定・達成の優れた方法と「よい例」』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • ダイエット成功に重要なこと
    ・空腹に耐える力 ・空腹を当然と考える力 ・食事をすぐやめる力 ・満腹を気持ち悪いと思う心 ・運動を楽しむ ・気軽に運動する ・ストレスを溜めない ・どか食いをしない ・お酒を飲まない ・もったいない...
カテゴリーをチェック
最近の記事
コメントありがとう!