『自己啓発と目標設定・達成の優れた方法と「よい例」』のサイトトップへ
 >  『4.決断で人生を変える自己啓発』カテゴリー記事一覧へ
 >   >  ●意味ある自己啓発のための脱洗脳。

スポンサードリンク

●意味ある自己啓発のための脱洗脳。

●意味ある自己啓発のための脱洗脳。
そして、世界の実態をよく見て、どのように自己啓発して、
何を人生の目的にするかを考えるのです。
洗脳によって偽の事実を教えられ、事実に対する
意味付けもコントロールされています。

中国や韓国の反日教育と北朝鮮の教育全般を分析
すればこの事実はよくわかります。
日本ではアメリカの権力者など協力しながら、
広く緩く教育をコントロールしている上に、
飴と鞭をうまく利用して相互に洗脳教育の
範疇にとどめ合う機能も持たせているので、
気づきにくく抜け出しにくいのです。

洗脳を解かないと意味のある目的をもった自己啓発は不可能です。
洗脳とまで行かなくても思考パターンや行動パターンに
多くの影響が与えられているはずです。
それが見えない場合は、無意識のレベルに達してしまっているので、
意識的に自分の思考パターンや行動パターンを分析する必要があります。
確実に物理的に存在しているもの以外は価値を疑って、
その意味を真剣に考えてみる必要があります。

日本のみならず世界のほとんどの地域で、新聞やテレビなどのマスコミや
学校教育は国民を支配しやすいように洗脳するものとなっています。
各国の情報や教育を比較してみると、さまざまな洗脳の
仕方があることに気づけます。
日本と中国や韓国の間ではわざとお互いを嫌いあうような
情報を一生懸命流す工作員がたくさんいます。

インターネットの情報の情報統制はまだ弱く、
本当のことを書いている人もいます。
当たり前とされていることの意味に疑いを
もって、疑う根拠を示す人も。

しかし、本当に問題のある情報を発信した人間は個人を特定され、
執拗な嫌がらせを受けるので、多くの人間の応援がないと、
インターネットでも洗脳のための情報統制が進んでいくでしょう。

事実2010年までに情報通信法という法律を国会に上げて
インターネットの情報を規制すべく動いている政治家が
います。

インターネットは自由に書けるので政府を批判するふりをして国民を
うまく洗脳するための情報もたくさんあります。
信頼できる情報をしばらく発信した後に、
偽情報を紛れ込ませるという巧妙な手法も
よく見受けられます。

単純に嘘を書いてだますことを楽しむ人、自分の思い込みに
基づいて事実だと本気で信じて情報発信する人もいます。

情報発信は発信者の頭の中にある意味ネットワークに基づいて、
必ず何らかの目的を持って行われます。
「真実を伝えたい」という目的もありますが、発信者の意味付け
が加わるので本当の真実と完全に一致する情報はありません。
そして、たいていはその情報を流すことによる社会的意味を
考えて自分の都合のよいように情報を発信しています。

一般に事実と認められるのは、より多くの人の頭の中の意味付けが
言葉の上で一致した場合です。
神、霊、正義、善悪、自由、平等、権利、クオーク、国家、お金の価値
などを事実として存在すると考えている人がたくさんいます。

事実認定に関しては科学の考え方がいちばん有効です。
すべての事実は反証可能性のある仮説であるべきと考えます。

支配者だけではなく自己啓発プログラムでも時には、
生きる目的の押し付けを行う可能性があります。
「考え方を押し付けられるのは嫌だ」という考え方を持つ
ほとんどの人はこれに抵抗を感じることでしょう。

押しつけられて困るのは今より自己啓発ができない考え方のみです。
感情的に抵抗せずにその実体をよく見てみてください。
押し付けだからと感情的に反発するのではなく
意味をよく考えて受け入れるか受け入れないかを
判断するのです。
手間をかけた分を回収できるような巧妙な情報を
信頼できるやり方で埋め込む手法も多くの場所で
とられているので意味を考える力が必要となります。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

『自己啓発と目標設定・達成の優れた方法と「よい例」』関連エントリー

◆よりよい道を知るコツ 自分の人生を良い方向に変えていくためには、今までとは異なる「特定の」行動が必要です。その特定の行動の正体は過去の事例を参考にすることで予測できます。成功事例・失敗事例の両方から...
◆正しい決断をする方法 決断力を身につけて安定的に正しい決断をできるようになりましょう。 適当にやってうまくいく人もいますが、それはただのまぐれです。 たった一回きりのあなたの人生をうまく行かせるには...
◆目標達成や自己啓発に成功した事例のパターン分析の前に 成功の定義は様々ですが、様々な事例を分析すると、 ・自分で自分に満足して「幸福感」を感じる ・社会から高い評価を受けて「優越感」を感じる ・自分...
自己啓発例の中でも、目標は賢いお金の使い方で自己投資と貯金をすることという例を紹介します。具体例だと、直接参考にならない部分も出てくると思いますが、自分の場合に当てはめて考えてください。「自分はこんな...
●自己啓発セミナーで人生の価値観を科学的に決める。 人生の目的は、人生の価値観のようなものです。 すでに染みついている価値観のほかに科学的な 世界観を知る必要があります。 科学的な世界観は最も普遍的で...
●なぜ自己啓発ベストセラー本を読んでも幸せになることはないのか? どの自己啓発ベストセラー本も人生を変えるために必要な 重要なプロセスの一部が抜けているからです。 また、書籍だと誰にでもわかるように詳...
●意味ある自己啓発のための脱洗脳。 そして、世界の実態をよく見て、どのように自己啓発して、 何を人生の目的にするかを考えるのです。 洗脳によって偽の事実を教えられ、事実に対する 意味付けもコントロール...
●自己啓発目標は、他人に…● 今回は、『自己啓発目標は、他人に…』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ 自己啓発の目標を自分の中で確固たるものにしよう。 そうしないと、とても...
●自己啓発の意味● 今回は、『自己啓発の意味』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ 自己啓発の意味について述べたいと思う。 今回は、単語の意味を定義するという観点から 自己啓...
●自己啓発目標【警告!間違いだらけの自己啓発目標選び。】● 今回は、『自己啓発目標【警告!間違いだらけの自己啓発目標選び。】』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ 自己啓発を...
『●意味ある自己啓発のための脱洗脳。』関連エントリー記事

◆よりよい道を知るコツ
自分の人生を良い方向に変えていくためには、今までとは異なる「特定の」行動が必要です。その特定の行動の正体は過去の事例を参考にすることで予測できます。成功事例・失敗事例の両方から学んで、やるべきこととやらないほうがよいことの両方を予測しましょう。

「失敗から学ぶことも多い」のは重要な事実ですが、事例をしっかり調べておけば防げる失敗をするのは時間の無駄です。あなたの人生をよくするための「特定の」行動を知るには、その特定の行動のレベルに応じた知識と経験が必要になります。十分ではなくても、少しでも多くの知識や経験があったほうが確実に良い道を予測できます。

◆適切な決断をする方法
決断力を身につけて安定的に正しい決断をできるようになりましょう。適当にやってうまくいく人もいますが、それはただのまぐれです。まぐれの事例に従って行動すると失敗する可能性が高いです。たった一回きりのあなたの人生をうまく行かせるには、適切な決断をすばやく繰り返すことが必要になります。適切な決断をすれば必ず結果が出ます。良い結果ばかりではないにしても、行動する前の情報不足の状態で適切な決断をしていれば、悪い結果からも次回に向けて必要な情報を得られます。

成功であれ、失敗であれ、決断がもたらした結果を「より多くより正確に」知ると成功がどんどん近づいてきます。この情報の蓄積によって、どういう決断が良い結果につなぐかを予測できるようになるのです。よほど記憶力がよくないと、記憶に頼ってなんとなくやるとあまりうまくいきません。ついつい同じような間違った決断を繰り返してしまったり、いろいろな決断をランダムに繰り返すだけになったりしてしまうからです。

決断は多くの人にとって大変なもので、心への負担も大きいです。決断を避けて占い師などの他人の決定に従うことを良しとする人も多いです。「人生は運で決まる」と思っているほど自分で決断すること決断を軽視しています。しかし、呪術的思考からすこしずつ抜けだしてきた現在の人類にとっては、過去には運として片付けられたことも戦略的な決断で手に入れる方法が大量に発見されています。多くの成功事例・失敗事例をみれば、あなたもこの意味がわかります。

多くの事例から学ぶことでより適切な決断ができるようになります。その方法を応用すれば、新しいことに対しても決断力を持てます。新しいことも所詮は、過去に起きた物事の要素を組み合わせたものとして理解できます。過去の事例から将来の成功のために必要な課題を見出して、自己啓発によってそのスキルをみにつければ成功確率が上がります。

決断は「何かをする」ときでなく「何かをやめる」時も大切です。そもそも「何かをする」ということは、「他のことをしない」ということになります。「結果として他のことをしない」のが理想ですが、定着した習慣や依存している行為をやめるためには、「その特定の行為を辞めるためだけの」特別な対策が必要です。

◆正しい決断をする方法
決断力を身につけて安定的に正しい決断をできるようになりましょう。
適当にやってうまくいく人もいますが、それはただのまぐれです。
たった一回きりのあなたの人生をうまく行かせるには、
適切な決断を繰り返すことが必要になります。

決断がもたらした結果を「より多くより正確に」知ると良いです。
そうすることで、どういう決断が良い結果につなぐかを予測できるようになります。
記憶に頼ってなんとなくやるとあまりうまくいきません。
同じような間違った決断を繰り返してしまうのです。

決断は多くの人にとって大変なものです。
決断を避けて占い師などの他人の決定に従うことを喜ぶ人も多いです。
「人生は運で決まる」と思っているほど決断を軽視しています。
しかし、現在では過去には運として片付けられたことも戦略的な
決断で手に入れる方法が大量に確保されています。

その方法について学ぶことで正しい決断ができるようになります。
その方法を応用すれば、未知のことに対しても決断力を持てます。

決断は「何かをする」ときでなく「何かをやめる」時も大切です。
そもそも「何かをする」ということは、「他のことをしない」と
いうことになりますが、「結果として他のことをしない」という
のは別の話です。

自己啓発や人生の成功を邪魔する意外な行動に気づいてやめる、
と決断するのは決断力だけでなんとかできます。
ただ、アルコール依存症やニコチン依存症やパチンコ依存症などは、
辞めると決断しても優れた方法を知らないとやめることはできません。


 >   >  『●意味ある自己啓発のための脱洗脳。』のページ上部へ↑
 >  『4.決断で人生を変える自己啓発』カテゴリー記事一覧へ
『自己啓発と目標設定・達成の優れた方法と「よい例」』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • ダイエット成功に重要なこと
    ・空腹に耐える力 ・空腹を当然と考える力 ・食事をすぐやめる力 ・満腹を気持ち悪いと思う心 ・運動を楽しむ ・気軽に運動する ・ストレスを溜めない ・どか食いをしない ・お酒を飲まない ・もったいない...
カテゴリーをチェック
最近の記事
コメントありがとう!